空腹でも満腹でも気持ち悪くなる食べづわりと、匂いがとことんNGな匂いづわりが重なっていたので”食べられるもの”を探す事自体が大仕事!!!

ネットでアレコレ調べても、妄想でアレコレ思い浮かべても、食べ物の事を考えると途端に気持ち悪くなるので、つわりの時期は何かの修行をしてるんかと思った…
(妊娠前は食べ物の事しか考えてなかったのにねぇ)

そんなえげつない修行の中でも食べられたもの(命の恩人)一覧がこちら↓

ヨーグルト
量が食べられなかったので小分けのヨーグルトが本ッ当に便利だった…!
食べられない味もあったけど、アロエは何だか食べやすかった(気がする)

そうめん
最初はうどんが食べられてたけど、太麺が次第にフェードアウト…
しかし細麺のそうめんは何とか飲み込めた!
~つわりに効くとウワサの生姜を添えて~

梅のど飴
妊娠前から盛大に好きで、喉に何の違和感もないのによく食べてた梅のど飴。
何か食べてないと気持ち悪かったのでとにかくずーーーっと食べてた!
そん時ばかりは日本でも何本かの指に入る程消費してた(誇大広告)

クラッカー
何か胃に入れねば気持ち悪いぞ…って時(特に朝起きてすぐ)に大活躍!
味がそんなにしないのと、固形物を食べた感覚があるので長い事お世話になってました、まさに命の恩人である。

みかん(フルーツ全般)
季節柄(冬)みかんが世の中に溢れていたので、大容量の袋詰めを旦那氏がよく買ってきてくれました、有難や~!
やっぱりフルーツは基本的に何でも食べやすかった気がするなぁ。

フライドポテト
噂のポテト。
油ものだし無理だよ…って思ってたのに食べられる摩訶不思議。
某マクドナルドとか、冷凍ものをチンしてたまに貪ってた

ちなみに、季節柄どこを探しても置いてなかった冷やし中華…!
つわり中でも「食べたい!」と思える程だったのに、結局つわり中1度も食べられずに終了…冬に出回ってたらつわり的神食材だったと思うんだよなぁ…

しかし、これだけ限られたものしか食べられないのに、
「今日食べられてたものが明日は食べられなくなったらどうしよう」
って事がもうとにかくずーっと恐怖だった…
食欲が微塵もなくて、食べ物の事を考えるのが本当に苦痛だったから…

一時期は本当にヨーグルトとのど飴とそうめんとクラッカーで体が出来てました。
有難う、一生忘れません、記憶力がないから忘れるかもしれんけど。